デイケアでも園芸が始まっています

今年度より、デイケアでは星の庭のレイズドベッド(持ち上がり式花壇・高くなっているので足腰に負担をかけずに園芸作業を行うことができる)を利用した園芸活動を始めました。レイズドベッドはデイケアホールから出てすぐの場所にありますので、アクセスは抜群です。レイズドベッドは5台ありますので、今年はそれぞれにひとつずつ、5つの野菜・ハーブを植えることにしました。

植えるのは枝豆、ミニトマト、ポップコーン、ジャガイモ、バジルで、月曜日はミニトマト、火曜日はジャガイモというように、月曜から金曜まで、各曜日に来所される方がそれぞれの野菜を担当してお世話をしていただくことにしました。


活動は4月下旬に種まきから始まり、昨日は枝豆をレイズドベッドに植え付けたところです。本日は、ポップコーンの苗を植える作業を行いました。

ポップコーンの種をまいたのは5月14日で、その際にそれぞれ種をまいたポットにご自身の名前を付けて頂きました。今回は、ご自分で種まきした苗の育ちを感じてから植え込むことにしました。種をまいてひと月ほど、高さ15㎝ほどに育った苗を見ると「こんなに大きくなったの?」と驚かれる方もいらっしゃいました。

その後、植え付けでは肥料を土に混ぜ込むところからです。上の写真は皆さんで一緒に土を混ぜているシーンです。それから交代で苗を植えていきます。

苗植えの経験がある方、ない方といらっしゃいましたが、皆さん積極的に取り組まれていました。

最終的には20本のポップコーンが植わりました。植え終えた際「大きくなってよ-」とおまじないのように声をかけられる方もおられました。

このレイズドベッドでポップコーンを育てるのは初めてです。どれくらい大きくなるのか、しっかりと実がつくのか、これからの変化にどうぞご期待下さい!

次週はミニトマトとバジルの植え替えを行う予定です。


Posted by 園芸療法士

※写真の掲載についてはご本人の承諾を頂いております。

老健かけはし ブログ

社会医療法人北斗 十勝自立支援センター 介護老人保健施設 かけはしのブログです。 かけはしの取り組みや園芸療法、イベント情報などを随時お伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000