記録についての研修会を開催しました

かけはしでは、記録適正化プロジェクトを設置し、業務に係る記録について随時見直し、適正化を図っています。利用者の方に関する記録はもちろんのこと、業務上で生じる記録を他者に正確に伝わるように書くことは、職員の誰もが身につけるべき技能です。

先日、適切な記録の書き方について研修を行いました。記録を残す上で、心得ておくべき事項の説明や、避けるべき表現などについて、実例を挙げながら説明があり、普段の記録を振り返る機会になりました。記録は、それぞれの専門的な判断を元に、利用者の方に対するケアの根拠を示すものです。適切な記録を意識することはそれぞれの能力向上や、利用者の方々への満足度の高いケアにつながるものであり、当施設では引き続きプロジェクトを通じて記録の適正化を図っていきます。


Posted by 園芸療法士

介護老人保健施設 かけはし ブログ

社会医療法人北斗 十勝自立支援センター 介護老人保健施設 かけはしのブログです。 かけはしの取り組みやイベント情報などを随時掲載します。

0コメント

  • 1000 / 1000