園芸療法 6/25 花の絵画づくり

今日は最高気温が15℃にも届かない肌寒い一日でした。昼からは雨もぽつりぽつりと落ち始め、降ってはやんだりしています。

天気が良ければ花壇に花の苗を植えようと思っていたのですが、気温が低く、屋外に出られる状態ではありませんでしたので、本日は星の庭に咲いている花を使って絵を描くことにしました。

といっても、スケッチをしたりするわけではありません。

額縁が印刷された用紙に花を並べていくことで1枚の絵にしていきます。

ラベンダーなど良い香りのする花や、ラグラスといってふわふわの猫じゃらしのような手触りの良いものもあり、直にそうした感触を楽しみながら花を並べていきます。

参加された方はそれぞれ、思い思いに花を置いて作品を仕上げていきます。取りかかるうちに夢中になって取り組まれる方も多く、あっという間に時間が過ぎていくようです。

完成した作品は持ち帰ることができないので、写真に撮ってそれをポストカードに印刷して差し上げます。生きた花を楽しみながらも、それを写真にすることで長い間楽しむこともでき、一挙両得といった内容のプログラムです。

季節によって咲く花も違うので、別の時期に行うとまた雰囲気の異なる絵に仕上がるのも楽しいです。

明日は別のフロアにてラベンダーのミニブーケを作る予定です。どうぞお楽しみに。


Posted by 園芸療法士

老健かけはし ブログ

社会医療法人北斗 十勝自立支援センター 介護老人保健施設 かけはしのブログです。 かけはしの取り組みや園芸療法、イベント情報などを随時お伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000